trunc()  切り捨て

■切り捨て

・trunc() 関数は、切り捨て結果を返す。
この例では、受注数の小数 3 桁目以降を切り捨て、小数 2 桁の結果が問い
合わされる。

select 品番, trunc(受注数, 2) from sak.受注m
order by 品番
;
[PR]
by sql8726 | 2006-02-20 20:13 | 関数


<< テーブル>コピー テーブルの作成 >>